読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Okay, bad joke.

詩のドラフト倉庫

たはむる

 

新聞を畳の上にバサバサと広げ
孫の手で背を掻きつつ眉をひそめ
肩たたきを頼み、はあいと娘
 
もうちょい上、もうちょい外
ああそこそこそこ、ツボツボ
ああ肘ゴリゴリでも構わんけど
 
ねえ四コマまんがは?
今日はなんだかよくわからんかった
 
少し開けた縁側のサッシの隙間から
散策を済ませた猫が戻って来た
 
ねえテレビなんかやってなかった?
いいのやってないから切ったんだ
肩を五回叩くごとに額を軽くペチン
あのなあ、そこは別にコッとらん
 
そのうち猫が台所からこちらへ来て
新聞を左端から踏んでトコトコ歩くと
真ん中でポテンと横になる
 
こらこら、おい、読めないだろ
フフッと笑いだしテンポを速める背後
新聞の端を掴み布団みたくさばいて
猫はころん、ウァオン、とテレビの方へ
 
あら、ひどい、なにすんのよ
あんなので怪我なんかしやしないよ
言っているそばから戻ってきて
ふくらはぎを踏んづけ丸まるあぐらの上
 
おおいこら、寝るな、ションベン行くぞ
ね~んね~ん、ころォりィよォ
バカ、歌うな、ちびっても知らんぞ
ホント勝手なんだから
猫がだろ?
さあ?
 
眉間から鼻筋をちょいとなでてやると
ごろごろと機嫌よく目を細めた