読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Okay, bad joke.

詩のドラフト倉庫

たのもう

 

アイロンのショットで湯気がもわり
ああ干してくれてて助かる代わり
さばいてないのかシワが手強い
 
霧吹きに水を足してきてぺたん
前のめりで体重をかける日曜午前
 
おおいもう出るぞ
あと小腹も減ったんだけど
はあい待って一度に言わないでよ
パンだったらそこにあるんだけど
 
じゃ牛乳ぬくめてくれよハラ壊すから
あんまり熱いのはダメだぞ猫舌だから
ここの空いてる鍋でやればいいのか
レンジでやってる、洗うの大変でしょ
じゃあ俺わかんない、頼むよ
 
ヴーンと電子レンジがオレンジに灯り
慌てて戻ってきて仕上げる襟
あ、帰りに牛乳買ってきてくれない?
あの、高くなくていいの、前みたいに
 
頼むと見慣れないものを買ってきて
後で見たら普段の倍の値札だったりで
でも怒るのもなんだしと溜息ついては
ふと思い出す母との後味悪い喧嘩
 
" 家の中で何ひとつ頼まれなかった
触ったら怒るしいる意味がなかった
役立たずがどれほど屈辱だったか
お母さんにはわかってないんだわ "
 
頼んでも頼まれても面倒なのね
どっちを選んでも自由じゃないわね
 
霧吹きでシュッ うわっ冷てっ
パンの皿とジャムとマグカップをささっ
お待たせ致しました ご主人さまっ