読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Okay, bad joke.

詩のドラフト倉庫

S・V・O・C

 

先輩は茶豆のさやが飛ぶほど盛大に吹き出し
私の左の肩をぽんぽんと叩いて声を震わせ
「うそうそ、ごめんごめん」

とりあえずの生中のぬるい苦みを流し込んで
「そうなりますよね、やっぱり」
真面目な顔を作ろうと懸命な先輩の目が潤む

気の張らない居酒屋のカウンター席に並んで
柄にもない悩み相談をぽつぽつもちかけた
神妙な顔で話し始めたはいいが曖昧の海
先輩は鳥瞰で最短距離を見つけるのが得意
繰り出された手際良い質問に順に答えると

具体的なこと、実はあんまり知らないんです
言われてないけどそうじゃないかってだけで
そうじゃないかって疑う理由がこれだけあって
どうすればいいか途方に暮れて眠れなくて
…ああやっぱり私がどうかしてるんですかね

そこで先輩が笑いだしてしまったのだった
「どっちでもいいことそこまで憶えてられる?」
「はあ、割と…」
「ややこしいひとね。とにかく、そうあって
欲しいと願ってるのはあなたの方ってことよ」

言い返そうと構えた私を空のジョッキで制し
「相手が、別にそんなんじゃありませんって
冷静沈着なら、ホッとする?ガッカリする?」

私の表情を窺ってから先輩はさも嬉しそうに
「何か頼む?あなたみたいなカタブツも
そんな参り方するもんなのね。役得だわあ」
そう言うと自由の女神よろしくジョッキを掲げ

「亀の尾とたこ天、お猪口ふたあつ!」