読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Okay, bad joke.

詩のドラフト倉庫

お気に入り≠おすすめ

考えさせられる映画ではあったけど
お母さんは観ない方がいいと思うよ
なんでよ?
なんていうか、楽しめない気がするの
 
姑にいびられる専業主婦の話だが
同じ立場の母の記憶を逆撫でしそうな
それをデフォルメしてひどくしたような
予定調和のないバッドエンドだった
 
でも、レンタル代もったいなくない?
いいのいいの、旧作100円だったし
あ、お湯、沸いたみたい
何か飲まない?
 
席を立ってティーバッグを探しつつ
余計なお世話かもなあとも思う
世の中には意に染まない真実もある
嫌悪感からしか学べないこともある
 
母は歳だし時間も限られているしね
八朔の皮を剥き種を取って
これと同じことだと言い聞かせ
私が薦めるなら、選ぶ基準は相手
 
親が離婚したばかりの中学生に
家庭崩壊の名作は薦めたくない
家族団らんの名作も薦めたくない
ピンと来ない話と言われてもいい
 
最初から自分の意志で選んだなら
遠慮なく言える「つまんないな」
「どうだった?」は、お互いが
屈託ない心のときに言いたいんだ
 
戻ったら母は二時間サスペンス
景色も観られる、最後は必ず捕まる
画面で目をむいた男が倒れている
怖くなって八朔を母の口に入れる