読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Okay, bad joke.

詩のドラフト倉庫

めざめるわれ

ラジオ体操終わりに友達とセミとりをして
傾いた赤いひさしの掘っ建て小屋で
ポケットの小銭を合わせてたこ焼きを買って
 
輪ゴムを外して口にくわえ
うぐいす紙をむきながらつばを飲んで
すぐ折れるつまようじを二人で持って
 
両端からつつくと足元にオンブバッタ
わっ、傾けるなよ、バカ
お前こそ、青のりついてっかんな
 
風の抜ける田んぼの緑と入道雲
ムクゲの陰で立ち止まった犬を
首を傾げて待つサンダルと赤いリード
 
つまようじは口の端、目を細め店へ戻る
おばちゃん、ごちそうさん、これどうしよう?
ああいいよ、こっちへくれたらアレしとく
 
あっちい、パーデンネンになりそう
うちにホームランバーあるから、来る?
脚が縞々の蚊をぴしゃんとやっつける
 
母さんはちょっと迷惑そうに眉を寄せて
今持って来てあげるから外で待ってもらって
買い食いもしちゃダメって言ったわよね
 
雑に食べてハズレでじゃあなと別れたら
これ見よがしに茶の間の真ん中で昼寝した
夢でサンダルがしゃがんでおしっこをしていた
 
…ましたるところ、こなったぁ…うちどめぇ
汗だくで目を開くと居間のラジオが鳴っていて
置き時計にピントが合ってうわっと飛び起きて
 
母さん、ラジオ体操!なんで起こさないの?
え、今朝行ったでしょ、今は夕方の六時よ
ドリルに八つ当たりのスペースシャトル筆箱