読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Okay, bad joke.

詩のドラフト倉庫

実存の傀儡

糸を切るのはこっちの裁量さ
何が起きるかわからないんだ
優先順位だって変わるだろうさ
取り残されるのはお互い様
 
思い出をなくすのも悪くないと
うそぶく雲 駄目でもともと
持たずに生まれたものだもの
知らずじまいと思えばいいよ
 
こんなことになるのなら
もっとこうしておけばよかった
眉をひそめてひとは嘆くんだ
一生一度もそうしないくせにさ
 
僕がどのスイッチを押すかを
君は知らないし選べないんだよ
君が選べるのは君のことだろ
そこは勘違いしないでくれよ
 
日常に生き死にが混じった時は
昨日まで生きがいだったことすら
どうでもよくなったりするんだ
君にだっておぼえがあるはずさ
 
どさくさでぷつっと切れたまま
金輪際結ばれない糸もあった
ひとの世なんてまあそんなもんさ
愚かしさだけで救われるんだ
 
明日消えたってわかりっこない
それは僕の中にある最後の遊び
確かめようがないって素晴らしい
それがきっと今選びつつある道
 
でっちあげるなんてわけないさ
希望的観測の栄えある成果だ
だのに低く口をつく明日は明日
どうかご無事でと なぜかな?