読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Okay, bad joke.

詩のドラフト倉庫

いやよの考察

 

なんだお前、昼飯行かないのか?
あー、食欲わかないんすよなんか
しょうがないな、女かなんかだろ
モバイルフォンを放り投げて苦い顔
 
泊まれないとか意味わかんないすよ
勝手言ってゴメンならまだわかるけど
何考えてんのありえないって高飛車が
ハンパなくてムカつくもんすから
 
まあ、なんだ、女は時期があってな
あれもダメこれもダメって日もあるさ
へえ、課長は結婚されてますもんね
どうしてるんすか、そういう時って
 
まあ大抵ひとりでどうにかするかな
マジすか、奥さんいるのにですか
お前が何想像してるか知らんが
多分そればっかりではないけどな
 
なんかアレっすね夢のない話っすね
おれらみたいな男にとっての結婚って
こういう劣等感持たずに済むかなって
希望ってそれくらいなんすけどねえ
 
お前が思うほど単純じゃないよ実際
一途じゃお互い飽きるし向上しない
だからって遊んでりゃ冷めちまうんだ
堅物がバカ見てりゃ世話ァねえやな
 
ああでも、ちょっと気が楽になりました
あの、よかったら弁当おごりましょか
調子乗んなよ、これで見繕って来な
ほれダッシュ、あ、俺チキン竜田
 
手を叩いて千円札を送り出し
あざっすがスタートを決めると同時に
女子社員が巾着片手に席に戻り
慌ててそばの日経を広げて咳払い