読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Okay, bad joke.

詩のドラフト倉庫

ふつつか夜話

ダメな子だった話を持ち寄り
焚き火のそばで順番に語り
いつもなら茶化す面々なのに
不思議としんみり優しい心地
 
あたし自分の名前が書けなくて
形が似てるから、ちとさって
いっつも反対に書いちゃうのね
そういや靴も逆に履いてたっけ
 
僕は好ききらいが多かったな
おふくろの飯がマズくってさ
箸でつついて崩して遊んでたら
泣きながらひっぱたかれたんだ
 
私は何かにつけ熱が出てたの
お泊まりに遠足運動会…全部よ
先生には仮病だって疑われるの
母はそのたび電話口でペコペコ
 
俺は結構な内弁慶だったから
イジメられてても言えなくてさ
また親も気付きゃしないんだ
生まなきゃよかった、だろうな
 
パチンと蚊を叩きそこねた音を
合図のようにめいめいボソボソ
先に間違えといた方がいいかも
手作りなだけマシじゃないの?
 
俺なんか全部の行事出たけど
うんこもらした記憶しかないぞ
気付いてたかはわかんないけど
心配させないためなんでしょ?
 
…かーわい、かーわいと♪
なんだよ、カラスじゃねえよ
いいの、全員いい子だったの
パチパチはぜて燃える目と頬