読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Okay, bad joke.

詩のドラフト倉庫

涙は涙、今は今

思い出したくもないことが
変えた生活があちらこちら
何もかもなくしました
思わぬ出合いがありました
 
禍福はあざなえる縄のごとし
わけわかんねえと思うかい?
三十も歳を取ればわかるよ君
なんだって永遠には続かない
 
手の中にあるうちから
そんなにありがたがってた?
ほら、よくあるじゃないか
閉店と知った途端の大行列だ
 
否応なく奪われると思うと
なんでも惜しくなるもんだよ
なくしてしまった後もずっと
あっちの方がよかったのにと
 
時を止める呪文も浮かばず
若さも人脈も仕事もなくす
手ぶらで命の幕を下ろす
まだピンとこないだろう
 
変わらず続くものなんて
なんにもないのが救いだね
いいことだけ悪いことだけ
額縁に入れて見ている涙目
 
三十年後に
何やってんだと笑えればいい
序の口だよ、今もっときつい
それならそれでも構わない
 
墓まで持って行くとしても
持って死ねやしないんだよ
今ある心は今だけのもの
熱々にハナすすり口を火傷

下衆なツレ

ほんで自分嫁はんとは?
何が?
言わしてもらうけどな
しゃんと夜相手してんのか
 
落としかける発泡酒の缶
いきなり何訊いとんねん
いやちゃうねんちゃうねん
いうか他やったら言うやん
 
他て何がや
もっとえげつないシモやら
聴いてられへんノロケやら
確かに…て、やかましわ!
 
せやのにそっち方面の話
具体的に一回も聴かへんし
なんなんそれ 聖域?
最近なんや様子おかしない?
 
普通そんなん言わへんやろ
他も言わんのやったらまだしも
そこ抜きでノロケにドシモ
たまってもうてんちゃうの?
 
しゃっちょこばった場ァなら
俺かてそんな言われへんけどな
サシでも一回も聴いてへんから
なんぞ悩みでもあるんちゃうか
 
お前が酔うて忘れとるだけや
そらすまん、ほな今聴くわ
…言いたないことかてあるわ
俺かて聴きたないのあるわ
 
ひとりもんのコケ生えかけや
シモは歓迎、ノロケいらんわ
自慢やったらエロいのもくれや
やかましなァ、もうええわ

つくるひとの時間

もうかれこれ二時間も
口をとがらせてごちょごちょ
何をやっているんだろ
訊きたいけど黙っているの
 
眉間にぎゅっと皺を寄せて
手元にじいっと目を寄せて
寄り目になってヘンな顔で
吹き出しそうになって
 
梅が見頃なんだけどな
まあいいや
私もなんか作ろうかな
覗き込む冷蔵庫の中
 
昨日特売だったカキと
小松菜と大根と卵
玉子とじでもいいけど
お揚げがある方がいいかも
 
カキはニンニクで炒めて
小松菜はお味噌汁にして
卵を落とすか焼くかして
大根は炊いて田楽みそで
 
洗いながらふと見たら
とんがり口 丸めた背中
よっぽど楽しいんだろな
ざくざく刻んで皮をむいた
 
うーん、と伸びをしてから
うまそうな匂いしてんな
あ、卵かけで食いたいな
そう?あ、お茶淹れようか
 
ここの端っこのとこがなあ
ぴたっとくっつかなくてさ
結局よくはわからないまま
向き合う時間を食べ終えた

牽制ノーヒット

正しくても間違ってても
悔やむ時は悔やむものよ
理屈とはまた別のこと
どっちの道も選ばないの?
 
腹が立ったと言いふらし
信じられぬとほのめかし
それでもいいひとでいたい
めんどくさいのはもういい
 
一度も間違ってないんだ
堂々と責めていいはずだ
これでも手加減してるんだ
感謝されてもいいはずだ
 
さあそれで誰が救われる?
その手は何を守り抜く
間違いに怯えるひとも泣く
間違えられないひとも泣く
 
ああ好かれたい好かれたい
自分は誰も好きじゃない
だって何も言われてないし
好かれてないなら別にいい
 
ではそっちを守りましょう
それしかないんでしょう
自分がそうしたいんだろう
それとこれとは違います
 
四球からの走塁で死ねば
あーあ それ見たことか
牽制がそれたってエラー
記録はまだ狙えるかもな
 
ダブルプレイでアウト
電車がなくなっちまうよ
ドラマがズレるじゃないの

時系列の舟

あの頃は楽しかったよな
恋人もいて若くて元気でさ
その前は学生証で大概通った
今思えばそこそこ優遇された
 
それは嘘でもないけれど
戻りたいとは思わないよ
だって終わったことだもの
茶漉しを通ったあとだもの
 
角が取れて丸っこくて
すべっとした石ころを拾って
転がる岩だった鬱屈なんて
そのうち忘れてゆくわけで
 
アオサギが見下ろす川面
淀みも魚影も照り返しも
ひっくるめてひとつのもの
切り出せないし戻せないよ
 
あの時もっとこうしていれば
もっと若くて勇気があれば
そっちをなでてもいいけどさ
その時はそうしたわけだから
 
あの時ああしていなければ
あいつさえいなければ今頃は
最近は忘れっぽいもんだから
恨み悔やみの余力がないや
 
いつか自信が持てるなんて
思ってるんじゃないだろうね
あの世じゃ大抵はじめまして
行けども行けども覚束ない舟
 
ぽうっと首を傾げる子どもも
明日目覚めるおとなの自分も
これから知ることがあるよ
怖いかい? つかまってろ

手袋と帽子

今そんなことしてる場合かよ
疲れた顔でこっちを見やると
こっちは大変なんだいろいろ
家事だけならいいだろうけど
 
地震があっていろいろ聴いて
私は怖くなってしまって
大事をとって田舎の実家へ
ありがとう 許してくれて
 
頭ではそう言い聞かせつつ
手では編み物の目を数える
することもなく通っている
近所のおばちゃんの教室
 
爪を爪でひっかく癖
編みかけの帽子を眺めて
…誰に頼まれたんだって?
中学ん時の友達のノブエ
 
それ、初めて編むんだろ?
うん、いい色でしょ
ちゃんと編めるのかよ
訊きながらやるし大丈夫よ
 
なーんか楽しそうだな、お前
趣味なんか見つけちゃって
近所付き合いよ でもこれ
やると結構落ち着くのよね
 
俺が家で手袋探し回ってる間
お前はひとの帽子編むわけか
手元の毛糸があせてにじんだ
ぎゅっと編み図に目を寄せた
 
老眼か?とからかいながら
永住する気じゃないだろうな
見送る時 いつもの背中が
毛糸玉とおんなじ色になった

残業組の水音

給湯室から光がもれていた
総務経理部はもう暗かった
黙って席を立った彼女が
一心不乱に洗うデカンタ
 
出来なくっても
帰れって言ってるだろ
そう決まったんだよ
僕は固定給だから残るよ
 
タイムカード押してきます
それで文句ないでしょう
止める間もなく消える
ドアをバンと閉めて戻る
 
いい加減にしろよ
君の勝手で決められても
後でこっちが困るだろ
課長が受けた仕事でしょ
 
ああもうじゃ僕がやるから
貸せよファイル なあ
もう 黙っててくれた方が
早く終わるじゃないですか
 
僕はこの後一旦家帰るから
うちの子 風呂入れなきゃ
……
おい聞いてんのか
 
無言の後パソコン終了の音
マグカップ二つと灰皿を
掴んでのしのしのしと
暗い方へ行く一文字の口元
 
煙草はまだ吸うんだよ
文句がてら追って行くと
腕まくりと涙をためた横顔
遠い記憶によぎる列車の窓