Okay, bad joke.

詩のドラフト倉庫

緞帳の内外

今日は疲れてんだよなあ
他にすることだってあるさ
誰が待ってるっていうんだ?
ああもう行くのやめよっかな
 
そういうぐずつきが
来るまでに何度かあった
やったら終わるから
終われば終わるから
 
ひとりひとりそうだよね
キューを振られて切り替えて
楽しい顔 楽しい声
気持ちは後からおいで
 
ほんとうに億劫なのは
他にある片付かないことだ
ずるずる始めてみたら
そのうち笑い出すんだ
 
また落ち込むこともあるよ
逃げたくなることも
時には逃げて助かることも
慣れたって楽じゃないよ
 
好きこそものの上手なれ
好きってひと色じゃなくて
怒ったりうんざりしたりね
しょうがねえ、やるかって
 
お湯が出るまでは冷たい
裸で縮こまっている生身
そのままでお待ちなさい
ボンウッと火種の響き
 
あーあったまるなあ
極楽極楽なんて言うんだ
はじまりはカラ元気さ
楽しくなあれ お互い様

月締めの赤

ろくでもない目に遭って
折角の休みが不意になって
遅れかけて追い銭まで…
得したことあったっけ?
 
それはわかんないですけど
まだ終わってないですよ
それだけ盛大に凹んでると
運は残るんじゃないかと
 
意外とお花畑なやつだな
なんだ、損して得取れとか
聴き飽きた説教する気か?
 
聴き飽きるほど聴くって
定着してるからですよね
ながーい目で振り返って
納得されたからですよね
 
知らねえよ まあでも
そうとでも思ってねえと
やりきれねえからだろ
負け続けたら死んじまうよ
 
ああ、そうですよ
こんな時こそお得意の
「最悪から考える」でしょ
生きて帰れてるんですもの
 
毎回イチかバチかってなあ
俺の天秤からしたらさ
どストライクの美人から
口説かれりゃトントンだな
 
ふーん そうですか…
冗談だよ どうした?
なるほどやりきれないな
赤糸で繕いつつ笑った

風邪キャッチャー

まあ遅うまですんじゃなあ
年末のはいっぺんに来るから
…飯いいです、と横になった
なんかは食べんとおえまあ
 
お義母さんと妻の低い声
具合でも悪いんじゃねえ?
うつったかなお父さんの風邪
あの男いっつももろうてきて
 
あんたなんかしちゃんねえ
食べにゃあ元気出りゃせんて
今は眠ぃんかもしれんけえ
起きたらな あんたも寝ねえ
 
方言すげえな、たまに聴くと
子守唄にしながらうとうと
冷蔵庫の音と水道のシャーと
ネギの匂いとラップのピッと
 
どれくらい寝たのだったか
催してお手洗いへ行ったら
お義父さんと鉢合わせた
あ、どうぞ いやええから
 
うんこだし悪いなと縮こまり
交替の後で響くプゥ〜は長い
あ、起きた?まだしんどい?
いや…まあそんなでもない
 
ちょっと小腹が空いたから
おうどんでもしようかなあ
ついでにどう?大丈夫なら
おー、じゃ呼ばれよっかな
 
丸天半分おぼろ昆布小ねぎ
ズズッ これおでんの残り
袋麺もおいし ん うまい
お義父さんの地獄のいびき

立冬から立春

暦では冬って言われたって
そんな気がしないけどね
二週間ほど慌ただしくて
どうやら追いついたようで
 
ううう、さむさむ
さすがにヒートテック
コンビニ寄って雑誌二冊
うっかり豚まんも買う
 
ほぐほぐしながら白い息
ピロリロンで探る携帯
本日ポイント最大25倍
注文しとくか古代米煎餅
 
ついでにLINEで連絡
今近くのセブンもう帰る
お疲れ様 ご飯食べる?
食べる
 
体重増えてんだけどな
豚まんじゃ足りねえしな
ドアを開けた匂いは餃子
なんか微妙にかぶってら
 
おかえりなさい
遅かったね 外寒い?
寒い寒い 寒いからつい
つい?
 
いけね 怒るかな
どうせバレるから言った
豚まん食っちゃった
えー、私も欲しかったな
 
んだよ、そっちかよ
晩飯餃子だったんだろ?
それとこれとは別でしょ
だからお前も太るんだよ

迷い込む尻尾

ヘトヘトになって帰ったら
朝は部屋にいなかったやつが
ちょこなんと座り込んでいた
こいつ、どっから入った?
 
耳と目が黒くて丸くって
尻尾は白茶でふっさりして
顔をゴシゴシする小さい手
見たことあるな、なんだっけ
 
悪さもしないし逃げもしない
まあいるならいろ、飯、飯
あ、いけね牛乳出しっぱなし
明太子食っとかねえとヤバい
 
あるものを適当にかっこむ
今日もシャワーで済ませよう
着替えを取りに来てのけぞる
おぉそっか、いたんだこいつ
 
おっとり毛づくろいをして
尻尾を足元にくるんと巻いて
こっちをじっと見て首を傾げ
クシュンとくしゃみして涙目
 
どっかで飼われてるのかも
でもどこに訊きゃいいんだろ
ハラ減ってるかもしんないぞ
っていうか何食べんだろ
 
無塩のナッツと粗品の小鉢
お辞儀に見えたのは気のせい
両手で持って俯きカリカ
かわいいか…そうでもない?
 
丸まって寝てしまった
フリース膝掛けあったよな
明日はりんごでも買おうかな
なでてみたらあったかかった

ハッピーと少数派

おめでとうと笑ったひとは
帰ってカップ麺を食うんだ
おめでとうと笑ったひとは
残業夜泣きで寝てないんだ
 
お祝いを言われたひとも
うれしい一色とは限らないよ
祝われたい気分じゃないの
お礼するだけでもつらいの
 
誰もわかってくれないって
お互いに心で舌打ちしたって
ありがとうございますって
口では言う おとなだからね
 
いろいろあるけどおめでとう
いろいろあるけどありがとう
落ち着いて考えたらわかる
ほんとうは言う前からわかる
 
やせ我慢はひとにやさしい
武士は食わねど高楊枝
それがいいな いい歳だし
でもたまには正直でもいい
 
二十年くらい経ったある朝
自分から見たら若いひとが
めでたかないってむずかるさ
それ知ってるよ さあ出番だ
 
いつか きっといつか
そのめんどくさいやさぐれが
味方の少ない心を照らすから
別に得なこともないけどさ
 
みんなが通って来たことは
誰かがどうにかするものさ
こんな気持ちは自分だけか?
それ、ずっと大事に持ってな

生みつ生まれつ

おふくろが同じ誕生日で
ちっちゃい頃はうれしくて
俺が何歳だから何歳だって
あちこちで言いふらして
 
今考えたらおふくろも若い
十以上下だよ、今の俺より
なんかいやだったらしい
しないでくれる?歳の話
 
昔のやなことも思い出すし
派手に祝われてもアレだし
祝われなきゃまた滅入るし
もういっそなきゃいいのに
 
歳とんの怖えんだよな
特に節目な 落ち込むんだ
通り過ぎたひとに訊いたら
楽になる時もあんだけどさ
 
あの、お母様もなんでしょ?
何が?歳とりたくないこと?
それもかもだけど、誕生日よ
ああ、後から変わんねえだろ
 
反抗期が今のあなたと同じ
あぁー、それきっつい
祝われず祝えず立ち去り…
追っ払ったな、確かに
 
自業自得だっつうんだろ
親孝行しなかった報いだよ
だって、お元気でしょ?
まあ多分そうだと思うけど
 
あなたも体は元気でしょ
あちこちガタは来てるけど…
休まず倒れず働いてるわ
親孝行でなきゃなんなの?