Okay, bad joke.

詩のドラフト倉庫

人型の錠剤

邪魔なんてしませんよ
お望みならば消えますよ
刺された釘は刺すかもよ
基本人畜無害 無力なの
 
意図的な嫌味なら
対等なひとってことだから
まだマシかもしれないな
文士曰く無意識の殴打
 
ひとの幸せに尽くすって
むずかしいもんだねえ
神に選ばれしひとにだけ
許された特権なのかもね
 
さておき ともかく
自分は自分を生きられる
つまずきや嘘を探し回る
赤目の自分は浅ましく
 
まだ寝られているし
なんなら寝過ごしてるし
食べられてもいるし
案外なんともないらしい
 
気に食わない厄介が
自分に降り掛かった時は
守ってくれるひとがいるさ
少なくともそちらには
 
昔と変わらないように
がっかりさせない程度に
少しずつ老いていくといい
こっちは気にしなくていい
 
薬は裏切らないんだ
置き去りにもしやしないさ
どうかしてるやつの支えは
人間じゃない方がいいから

五十歩一歩

29から30、49から50
大台に乗るたんびに超凹む
愚痴ってたけど最近どう?
やっぱりまだ落ち込んでる?
 
いや…まあそんなでもない
俺今50でって自分から言うし
言い続けりゃ馴染んでくるし
こんなもんじゃね?って感じ
 
想像してたサイアクよりは
現実の方がいいってことか…
努力で時間は止まんないから
割り切れんのかもね、まだ
 
あと、なんか年取ってったら
中心から外れてくっていうか
ひとが次々離れてくみたいな
そういう想像してたっぽいわ
 
そっか…今は違うの?
ま、不安もゼロじゃないけど
日に日にポンコツになるのも
それはそれでおもしろいかも
 
うん。そういや教習所で
車庫入れ一発で決めようって
あれ何こだわってたんだっけ
切り返しても慌てなくなるね
 
あと、どこの誰だかわからん
有象無象にまで構ってられん
俺が財布に見える輩も知らん
俺の蓄積が基準でいいじゃん
 
そうそう、遅れて目が合う
ヌケサクもたまにはいる…
あ!忘れてたドリップのお湯!
何やってんだよお前はもう

幽霊レプリカ

よく出来たアンドロイドが
ギロリとこちらをねめつけた
いかにも言いそうな台詞が
絶妙の間合いで再生された
 
そりゃあね 俺は確かに
化けて出てくれて構わない
望むところだと祈りもし
つまりは願ったり叶ったり
 
なのになんだろうなこの
おののきと妙な胸騒ぎと
はっとあふれた懐かしさの
冷えつつ固まるさみしさと
 
似ても似つかないよりは
似ててくれた方がいいさ
でも途切れたままの記憶には
ツギハギしたくないかもな
 
よみがえりでも夢でもなく
それっぽいことをしゃべる
発話データならたんとある
進化する音声認識システム
 
死んじまったのに忘れてさ
自分でも気付かないままでさ
抱かれてるのは確かに俺だが
抱いてる俺は誰だろうてんだ
 
こいつは違うよってのもねえ
無下には言いにくいもんだぜ
だってさ よかれと思って
走ってきたんだろここまで
 
余人をもって替えられたら
俺、いなくてよくないか?
ひとですらないってんなら
抱いてるこれはなんなんだ

理屈+感情=ひと

ひとに何かを教わる時は
感覚よりも理論がいいな
上や下でなく対等な立場
それなら感情が響くかな
 
今までと辻褄が合わない
だからここでは言えない
恰好を気にかけるうちに
並んで歩くひとがいない
 
今はそうじゃないことに
なってるからさ お願い
イメージ戦略は結構大事
信じて待っていて欲しい
 
なんてことない間違いが
ごたごたに積み重なった
突然ぶっくりかえる時は
くしゃみひとつのことさ
 
笑い事にはしたくないし
考えたって埒が明かない
お得意の理屈も消え去り
我ながらみっともない
 
話すことが出て来なきゃ
話すことないって言いな
考えてることが出るしさ
取り繕ったってバレんだ
 
むせび泣きつつ支離滅裂
ギリギリまで着地に迷う
国語なら追試にもなろう
でも迷いの体温は伝わる
 
うまくやろうとしたって
ひとは懲りずに傷つけて
真心ならよかれ悪しかれ
どこかには転がる賽の目

椅子の脚

たぷたぷの羊水にたゆたう
最悪の事態 最高の結末
描き飛ばさず見ていよう
全員揃って幸せになれる?
 
そりゃあむずかしいよ
受かるひとも落ちるひとも
いるのが現実ってもんだろ
座席が全員にあるとでも?
 
もったいつけてなぶったら
もういいですって泣かれた
反応見たさのふざけすぎは
言ってみりゃよくある話さ
 
ひとには都度選択があって
両立しないこともあるよね
誰だって失望はいやだって
するのも、させるのもね
 
いい顔する方は決まった?
ふうん 迷ってるのか
気が済むように選ぶんだ
こっちも生きていかなきゃ
 
いきなり話しかけた時は
「立ち去れ」だったのが
何人か倒したレベルなら
ヒントくれるみたいにさ
 
まあよくわかんないけど
先に遠回りしとかないと
開かない扉もあるんだろ
椅子も一本足じゃ転ぶよ
 
冒険なんてまっぴらな奴
それはそれで賢明だろう
ゲームの安全 続きのリアル
どっちの水でも君の自由

ずぶぬれのあかり

お天気屋さんはアレだけどさ
なにせ気難しいひとだから
虫の居所がよろしくねえなら
遠慮しとこうかと思ったんだ
 
そんなの、天気予報でも
ときたまハズレがあるんだよ
ひとのご機嫌がどうだろうと
行く前からわかりっこないよ
 
ったくお前は理屈屋だなあ
ひとのこたぁ言えねえけどさ
要はまあなんだ、緊張すんだ
元祖「敷居が高い」ってのか
 
うん、それはわかる気するよ
うちの母と前話したんだけど
会いに行けるっていいものよ
いいとこあるって言ってたよ
 
そぉお?でも手土産とかさ
俺そういうのわかんねえしさ
またよく気が付くひとでさあ
何かしくじるに決まってんだ
 
ひとのこと言えないけど
気の利いたこと苦手なんでしょ
気が付くひとってそこまでを
ひっくるめてお見通しなの
 
うーん…まあ、それもそうか
如才ないやつの見立てよりは
不器用なやつの精一杯の方が
俺もオマケしたい気するもんな
 
あと、ご機嫌も両方あるでしょ
なんで片方の想像だけするの?
スイッチって切と入と交互
電気を点ける役だと思うけど

赤と青のコード

川面に映った犬が肉をくわえ
吠えたら肉だけ落っこちて
波紋の広がるばかりなりって
欲かくからだよ 馬鹿だねえ
 
いずれ欲しがるようなやつは
どっちか放して片方取るか
どっちも選ばない根比べか
全部なくすかになるものさ
 
みんなで熱中する冒険計画
ひとりチラチラ時計を見る
もう帰ってもいいかな、僕
お母さんに叱られちゃう
 
みんなシラけた顔を上げて
なんだお前?ああ帰れ帰れ
ママのおっぱいほちいって?
まー、ちかたないでちゅねえ
 
そろそろ肌寒い日暮れ時
中越しの笑い声を思い出し
あんなの失敗すればいい
つまんねーに決まってるし
 
その癖あれだけ盾にした
母親もつまらなく思えた
叱られたらなんだってんだ
晩御飯がカレーにしてもだ
 
ふくれっ面で飯を食って
どっちみち怒られるだけ
そんなの珍しくもないね
どっちのくじもハズレ?
 
やな顔される覚悟もないの?
選ぶたびに誰か踏むんだよ
へっぴり腰ですくむ半べそ
どこにも行かないどこにも